レビュー: The Art of The Evil Within

The Art of Evil Within - 01

ゲームに必携のアートブック

もしゲーム『The Evil Within』のファンならば、喜んでほしい。これはゲームに必携のアートブックである。

このゲームのディレクターは、『バイオハザード』シリーズの三上真司である。この本は『バイオハザード』のスピンオフであるとも言える。

224ページのハードカバーで、とても分厚い。それは紙が厚いからで、良いグロス系の軽量コート紙が使われている。

コンセプトアートはすばらしい。普通の、感染していない人間のフォルムは特に怖くはないが、その3Dレンダリング技術には非常に感心させられた。3Dであるのにとてもよく出来ている。感染している人間のフォルムはさらに興味深い。

この本のハイライトは、もちろん人間とクリーチャーのグロテスクなデザインである。血痕、損傷した皮膚、火傷、変異、剥き出しの肉、そして更なる血痕がふんだんに見られる。たとえば切られた腹部からはみ出している腸の描写が、むしろ物足りなく思える、それがこのゲームである。流血という要素においては、『バイオハザード』に近い。いつか三上真司が『Resident Evil』と『バイオハザード』のクロスオーバー作品を作ったらどんな感じになるだろう、と思いを巡らしてみる。

クリーチャーと敵キャラのデザインがすばらしい。怖い敵キャラをデザインすることについては、アイデアは尽きることはない。全部がすばらしい。ここですばらしい、ということは、気持ち悪い、ということである。2Dと3Dアートの混じり方もちょうどよい。PS4のおかげかどうかは分からないが、最近のゲームの3Dレンダリング技術はどんどんよくなっている。アートワークのディテールの量は半端ない。

モノトーンの3Dレンダリングから成る皮膚、血管、肉のテクスチャーも、驚くほどすごい。この本がモノトーンのレンダーだけでもよかったと思えるほどだ。カラーであろうとなかろうと、よいデザインはよいのだ。

最後の章は、美しくムードのある環境美術がたくさん収録されている。本文中の他のアートと同じように、ディテールが緻密に描かれていてすばらしい。

僕はこの本について欠点を挙げることができない。強いて言うなら、もっと解説が入っていてもよかったが、そのくらいである。

すばらしいアートブックである。お薦め。

ハードカバー: 224ページ
出版社: Dark Horse Books (2014)
言語: 英語
ISBN-10: 161655570X
ISBN-13: 978-1616555702

The Art of Evil Within - 02

The Art of Evil Within - 03

The Art of Evil Within - 04

The Art of Evil Within - 05

The Art of Evil Within - 06

The Art of Evil Within - 07

The Art of Evil Within - 08

The Art of Evil Within - 09

The Art of Evil Within - 10

The Art of Evil Within - 11

The Art of Evil Within - 12

The Art of Evil Within - 13

The Art of Evil Within - 14

The Art of Evil Within - 15

The Art of Evil Within - 16

The Art of Evil Within - 17

アマゾンには他にもたくさんのレビューがあります。

このサイトのリンクから購入していただくと 私にアフィリエイト料金が入ります。それをもとにして今後より良いレビューをお届けします。

『The Art of The Evil Within』は以下の書店にて取り扱い中。
Amazon.com | Amazon.ca | Amazon.co.uk | Amazon.de | Amazon.fr | Amazon.it | Amazon.es | Amazon.co.jp | Amazon.cn | Bookdepository.com

Tags: 

Add new comment