レビュー: Transformers: The Art of Prime

たくさんのナイスなトランスフォーマーキャラクターデザイン。

これはCGアニメーションのテレビシリーズ『トランスフォーマープライム』のアートブックだ。シーズンは3つと10月2013年に放送されたOAV『プレダコン・ライジング』がある。この本は2013年の12月に発売されたので、かなり早い出版だ。

この208ページのハードカバー本はキャラクター&小道具デザイン、環境、番組に使われた色&特殊効果の3パーツに分かれている。

注目する所はもちろんトランスフォーマー オートボットとディセプティコンのキャラクターデザインだ。本の半分がキャラクターデザインで、かなりカッコいい。前に放送された番組や映画と似ている点もあるが、ユニークなスタイルである。キャラクターがアニメーションとして動くようにデザインされているからか、自然な形で曲線が多い。他のロボットフランチャイズと間違うことはないだろう。ファンが好きそうなセクションだ。

たくさんキャラクターが見られて、大きい本なので大きく印刷されている。体の部分のクロースアップ、小道具や遺物デザインなどが見られる。いくつかのキャラクターの変形シークエンスも含まれているのだが、残念ながらとても小さい。

背景の環境アートは美しいのだが、たくさんの絵は暗く、ディテールが見にくい。ディテールを隠すために暗いのかもしれないが。これがこの本の弱い部分だ。

本の最後はアートディレクション、とくに使われた色と特殊効果について書かれている。

ひとつのチャプターの後には長く洞察力のあるインタビューが書かれている。インタビューされたのはデヴィッド・ハートマン(David Hartman、管理監督/美術監督)、ホセ・ロペス(Jose Lopez、美術監督/キャラクター&小道具)、ビンス・トヤマ(Vince Toyama、プロダクションデザイナー)、とChristopher Vacher(特殊効果監督)で、コンセプトアートの説明文も書かれている。このアニメーションを作るためのプロダクションについて読むことがたくさんある。

全体的には、このアニメシリーズ、トランスフォーマーかロボットのファンの方には良い本だ。私のへ理屈は暗い環境コンセプトアートだ。

ハードカバー: 197ページ
出版社: IDW (2013)
言語: 英語
ISBN-10: 1613777906
ISBN-13: 978-1613777909

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

Transformers: The Art of Prime

アマゾンには他にもたくさんのレビューがあります。

このサイトのリンクから購入していただくと 私にアフィリエイト料金が入ります。それをもとにして今後より良いレビューをお届けします。

『Transformers: The Art of Prime』は以下の書店にて取り扱い中。
Amazon.co.jp | Amazon.com | Amazon.ca | Amazon.co.uk | Amazon.de | Amazon.fr | Amazon.it | Amazon.es | Amazon.cn | Bookdepository.com

Tags: 

Add new comment