レビュー: The Art of Frozen

すてきなアートブック

ディズニーの『Frozen(アナと雪の女王)』は、視覚的に温かみがあり明るかった前作の『塔の上のラプンツェル』と比べると、非常に対照的である。

はじめてに断っておくと、この本にはネタバレがある。物語のクライマックスの絵コンテやコンセプトアートが収録されているので、もし映画を観るつもりであれば、観た後にこの本を読むことをお勧めしたい。

これはすてきなアートブックである。160ページ、ハードカバー。絵コンテ、キャラクターデザイン、背景美術、小道具、モチーフなどのコンセプトアートのほか、リサーチに訪れたノルウェーの素晴らしい写真も収載されている。

背景美術は見事であり、特に、プロダクション・デザイナーであるデビット・ウオマスリー(David Womersley), ジム・フィン(Jim Finn)、リサ・キーン(Lisa Keane)、そしてジェイムス・フィンチ(James Finch)によるものが素晴らしかった。渓谷の中の湖の傍に建つ城、山脈にかかるオーロラなど、本当に美しい景色がいくつか見られる。街の家々もまた美しく、リサーチの写真に酷似していて、導入部にふさわしい景色だ。

キャラクターデザインはメインキャラクターのアナとエルザはもちろん、山男のクリストフ、雪だるまのオラフ、ハンス、その他のキャラクターが取り上げられている。彼らは、ピクサーと比べてとてもディズニーらしい見た目で、良い。『塔の上のラプンツェル』と同じ世界の住人といった感じ。アナとエルサは、衣装とヘアスタイルを変えればまるで『塔の上のラプンツェル』のラプンツェルだ。

10ページ以上が絵コンテに割かれていてそれはそれで良いのだが、個人的には、もっとキャラクターと背景美術が見たかった。

解説は主に物語についてで、読んでいて面白い。キャラクターと映画のデザインについて、なぜ、あるいはどうやってデザインされたのか、最終的なCGプロダクションに至るまでにどうやって変わっていったのかなど、深く知ることができる。

ハードカバー: 168ページ
出版社: Chronicle Books (2013)
言語: 英語
ISBN-10: 1452117160
ISBN-13: 978-1452117164

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

The Art of Frozen

アマゾンには他にもたくさんのレビューがあります。

このサイトのリンクから購入していただくと 私にアフィリエイト料金が入ります。それをもとにして今後より良いレビューをお届けします。

『The Art of Frozen』は以下の書店にて取り扱い中。
Amazon.co.jp | Amazon.com | Amazon.ca | Amazon.co.uk | Amazon.de | Amazon.fr | Amazon.it | Amazon.es | Amazon.cn | Bookdepository.com

Tags: 

Add new comment