レビュー: World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

ワールド・ウォーZの脚本+アート

この本には逆に驚かされた。アートブックというより絵の入った脚本だ。

この本の80%ほどは脚本だけだ。そのページには脚本の間にコンセプトアートやセットの写真が入っている。コンセプトアートは燃えている町、荒らされたスーパーマーケット、地下シェルター、人気のない建物、そしてもちろん、ゾンビたち。

たくさんのアートは未完成な感じがする。簡単にいえばシーンのだいたいの雰囲気を伝えるためだけの物で、いくつかは不快なコラージュスタイルの写真か3Dとアート。絵はちょっと離れて見ると普通に見える。しかし、ちょっと近くしてみるとディテールが全くだめになってしまう。ストリーボードのスケッチは素晴らしいのだが、ひと握りほどしかない。

最後の数ページほどはゾンビアートだ。なかなか良いテクスチャーが見られるが、結局デザインは普通だ。どんなゾンビ映画でも通用するような、普通なゾンビだ。

この本の中のコメンタリーはほとんどがスタッフの言葉を引用したもので、それだけでは洞察力に欠けていた。映画の撮影法など、もっと興味深いような内容についてはなにもない。

この本は買う前にページをめくってみることをお勧めする。

ペーパーバック: 160ページ
出版社: Titan Books (2013)
言語 英語
ISBN-10: 1781168857
ISBN-13: 978-1781168851

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

World War Z: The Art of the Film

アマゾンには他にもたくさんのレビューがあります。

このサイトのリンクから購入していただくと 私にアフィリエイト料金が入ります。それをもとにして今後より良いレビューをお届けします。

『World War Z: The Art of the Film』は以下の書店にて取り扱い中。
Amazon.co.jp | Amazon.com | Amazon.ca | Amazon.co.uk | Amazon.de | Amazon.fr | Amazon.it | Amazon.es | Amazon.cn | Bookdepository.com

Tags: 

Comment


comments powered by Disqus